エステで作る肌美人|ブライダルエステから脱毛まで

レーザー脱毛を受けるとき

レーザー脱毛と日焼け

レーザー

医療レーザー脱毛の施術を受けるときは、専門の病院かクリニックでカウンセリングを受ける必要があります。 そして、医療レーザー脱毛を受けることができる肌であるか、受けても大丈夫か、ということを確認します。これは大阪でもほかの地方でも必ず行うものです。 医療レーザー脱毛の施術を受けるときは、施術を受けるまで日焼けをしてはいけない、といいます。その理由はレーザーは黒いものに反応してムダ毛を処理するので、日焼けをしていると肌にも反応してしまい、きれいにムダ毛を処理できないほかに、火傷をしてしまう可能性もあるからです。そのようなことがないように、施術が決まったら日焼けをしないように日焼け止めや上着、日傘などで肌を保護しておきます。これも大阪でもほかの地方でも同じように注意されます。

施術後に注意すること

医療レーザー脱毛の施術を受けた後にも日焼けをしないように気をつけなければいけないです。施術を受けた後は、肌がとても敏感になっています。 なので、施術を受けた後は日差しにあたらないように気をつけなければいけないです。日にあたってしまうと色素沈着を起こしてしまう可能性があるからです。これはどんな状況でも同じで、大阪でもほかの地方でも必ず、施術の後は日にあたらないようにアドバイスされます。 そして、医療レーザー脱毛の施術をした当日は、お風呂には入らないようにします。肌が敏感になっているのと同時に、まだレーザーの熱が肌に残っているからです。なので熱を落ち着かせるためにもお風呂は入らないように、刺激を与えないように気をつけます。どうしてもという場合はシャワーでさっと流すだけにします。大阪で施術を受けた後に旅行で日焼けをする、などということは絶対に避けるようにしておくことです。